妊娠線が出来る仕組み

妊娠出産を経験した女性に出来やすい、妊娠線。
そんな妊娠線ですが、妊娠線が出来る仕組みとしては、このような経緯があげられます。

まず、妊娠線は妊娠をしたら最初からあるわけではありません。
妊娠をして胎児が大きくなるにつれてお腹が大きく成長し、お腹周りや下半身の皮膚が急激に引き延ばされてしまった結果、皮膚が肉割れを起こし、妊娠線が出来てしまうのです。
出産後もその線は消えることはなく、一度出来てしまった妊娠線を消すのは、至難の業と言えるでしょう。

妊娠線はこのように、妊娠をしてお腹が大きくなり始める時期~臨月にかけて最も色濃く残る可能性がありますが、体質によっては妊娠線が全く出来ない場合や、ケアをしておくことで妊娠線を予防することが出来る場合がありますので、妊娠線を作りたくない場合は、
妊娠中に適切なケアをしておくことが大切と言えるでしょう。
肌が乾燥しないように保湿クリームを塗ったり、妊娠線予防効果のあるクリームをこまめに塗るように心がけることで、妊娠線を予防しやすくなると言われています。

また、一度目の出産で妊娠線が出来た場合、二度目の出産でも妊娠線が出来てしまう場合があります。
反対に、一度目の出産では出来なかったのに、二度目の出産のときは体質が変化して妊娠線が出来てしまったというケースもありますので、妊娠出産の時には、いつ妊娠線が出来ても可笑しくは無いという事を理解しておく必要があると言えるでしょう。